2013年02月08日

服装・服の夢

私達は、裸で生活はできませんし、いつも本音だけで生活できる、というわけでもありません。

毎日の生活を平和に過ごすために常識や秩序を大事にしえ、モラルのある行動を求められます。

本心を隠すことが必要な時だってあります。こうした本音と建前を使い分けているのです。

夢の中では、服装や服などの身に着けるものが、本音と建前の象徴として出てくることがあります。


服をもらう夢は
周囲の人に好意を持ってもらえる暗示です。対人関係が良い時期なので、新しい出会いを求めている人にとっては
非常に吉です。いつもの自然体を心がけていけば、あなたにふさわしい出会いが待っていることでしょう。
周囲であなたに好意を持っている人もいる暗示なので、意外と身近な人がキーパーソンになることも。

他人の服を着ている夢は
その人への憧れを暗示します。まるで、女の子が母親の化粧を真似て口紅を塗ってしまうのと同じで
その人の魅力を自分も欲しいな、と思っている傾向があるようです。

似合わない服を着ている夢は
周囲から孤立しやすいことを暗示しています。服は身分を表す意味がありますから、
場違いな服を着ている夢を着ている夢を見たら、言動に注意が必要です。
でしゃばったり、よけいな一言が出ないように気をつけると良いですね。
今は、自分の意見を通そうとするよりも、周囲に合わせていくことを重視して吉です。

服を着替える夢
全く雰囲気の違う服に着替える夢や、何度も服を着替える夢は、自分のイメージを変えたい願望がある暗示。
友人や周囲の人達に対して、あなたの意見がコロコロと変わっていないか?をチェックすることが大切です。
周りに伝える前に、あなたが何を考え、どうしたいのか?をハッキリさせてから、伝えるようにすると良いですね。
「どんな風に思われたたいか?」をテーマに一度考え直してみると良いでしょう。



posted by 久遠 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢占い辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RSS取得
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。